本文へスキップ

日本ゲルマ産業株式会社は、健康食品企画開発会社です。

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報

2017年4月
ゲルマニウム新商品を開発中です。今年度発売を予定しています。

サポート情報(FAQ)

製品関連

Q.ゲルマニウムって飲んでも大丈夫なのでしょうか?

A.例えばアルコールと言っても工業用の飲めないメチルアルコールとお酒として飲む事が出来て大好きな方も多いエチルアルコールがあります。ゲルマニウムも同様に飲用に向かない無機ゲルマニウム大自然界で長年親しまれている植物(ニンニク、さるのこしかけ、高麗人参、田七人参、アロエの葉、はと麦の種子、ニラ、クコの実)にも含まれる水溶性の有機ゲルマニウムがございます。同じような名称でも性質などは全く異なり誤解が多いのが実態です。

またお酒でも、悪酔いするようなお酒があるように、有機ゲルマニウムの名前がついていても製造・精製法が異なりどれでも同じではありません。弊社では、研究データーのある浅井ゲルマニウムのみ使用しています。

Q.アサイゲルマニウムって?

A.1967年世界で初めて浅井一彦博士によって合成に成功した水溶性有機ゲルマニウム。植物に存在する有機ゲルマニウムと同じ構造特性をもっています。「アサイゲルマニウム」は、2002年に美肌成分「レパゲルマニウム」として化粧品の認可が下りました。
弊社で使用しておりますゲルマニウムは、その有機ゲルマニウムの中でも、唯一安全性試験・機能性試験等のデーターが確立されている「アサイゲルマニウム」を使用致しております。このデーターに関しては、弊社では非常に目を見張るものがあると判断し各種商品企画を行い製品化致しております。

Q.アサイゲルマニウムと他のゲルマニウムなどの違いについて

A.浅井一彦博士が、安全性を第一として研究された製法によって製造されています。アサイゲルマニウムの製造には、非常に多くの工程がございます。アサイゲルマニムへと結晶化する為の製造工程は人が飲む事を前提として製造されています。これが、アサイゲルマニウムが、唯一安全性が確立されているデーターにも表れています。
例えば、農産物などの「野菜」などを購入される時に産地をよく気にされると思います。それは、同じ野菜でも産地や生育に手間がかかっていれば、味だけでなく栄養素から、形なども異なります。同じ「野菜」でも安全性含めて手間がかかっているものは、安心して食する事が出来ます。
電化製品にしても「made in ○○」を確認して買う事も多いと思います。同じゲルマニウムでも大きく異なりますので、ご購入の際は、類似品などにご注意ください。
弊社は、浅井ゲルマニウム研究所と10年以上の直接取引にて多くの製品を企画してきた実績がございます。 

アサイゲルマニウムは安くなりませんか?

A.上記のアサイゲルマニウムと他のゲルマニウムの違いのように、安全性や各研究発表なされている物とそうでない物については比較にはなりません。また、アサイゲルマニウムを原料とした製品も規格や製造工場などが異なります。弊社では、原料だけでなく製品化への製造工場などもこだわり、安全性へコストをかけております。また製品によっては、コスト削減を実現して従来より、品質を向上させて価格を下げた商品も発売致しております。今後とも、企業努力にて少しでも価格を下げる努力を行って行きます。

Q.商品を買いたいのですが・・・

A.お取り扱いの代理店や様や販売店様からのご購入頂くか弊社通販サイト「健食自由」からも各種商品をご購入頂けます。直接弊社にお電話いただいても大丈夫です。

Q.有機ゲルマニウムの原料等を購入出来ますか?

A.原料等から製品化。OEM・ODMなどもご相談下さい。

Q.ベストトリム乳酸菌って何でしょうか?

A.ベストトリム乳酸菌は子供のアトピー予防に対して特許が取れている商品です。

Q.それぞれの商品の製造国はどこでしょうか?

A.弊社ブランド商品は、全て日本国産です。
また、弊社の取扱いのアサイ有機ゲルマニウムを含有して製造している商品についても日本国生産です。 

Q.製造工場の安全性はどうなんでしょうか?

A.弊社の商品は、商品によって工場が異なりますが、弊社ブランドの健康食品は全てをGMP認証工場で製造しております。GMPとは日本では医薬品には義務化されている品質基です。当然、弊社社員が各製造工場に立ち入り確認等を行っています。
原材料等においても直接現地に立ち入りして確認致しております。

 ゲルマニウム研究所  
 ゲルマニウム研究  溶解検査
 ゲルマニウム研究施設  ゲルマニウム製造
 工場検査  品質検査
 クリーンルーム  製造過程
 錠剤  立入り検査
 製造ライン  健康食品製造
通販サイト

ナビゲーション